お任せ下さい!あなたの健康!上人橋薬局

漢方とは

古来、中国より伝来し、日本で独自に発展をしてきた伝統医学です。

漢方とは

漢方は、中国(漢)で発達しました。日本に渡り、日本で独自に発展をしてきた伝統医学です。
漢方は、自覚症状に重きを置いて、患者様の感じる不調を根本的に改善し、
体全体の調和をはかっていくために、個人の力(治す力)を最大限に高めていくことに重点をおいたものです。
漢方を選定する際には、患者様お一人お一人の体調、体質、生活歴を見ていきますので、
西洋医学的な病名は同じであっても、漢方薬が異なる事があります。
しっかりと、状態を見ていくことを重視しています。

漢方医学と西洋医学の違いとは

  

漢方医学は、体全体の調子を整え、治癒力を高めることを基本としているため、西洋医学との併用をすることもできます。
まずは、当薬局まで、ご相談ください。

漢方医学

体全体の調子を整え、
自然治癒力を高める。
即効性のあるものもあるが、長期間にわたっての服用でも身体に負担が少ないものが多い。

西洋医学

悪い部分に対してのみ治療をする。
患部に対して、集中的に治療をするため、即効性のあるものが多い。

漢方薬の種類

漢方薬には、様々な形状(形)があり、用途にあわせてお使いいただけます。

  • 煎じ薬

    • 厳選された良質の生薬から、患者様に合わせて、お薬を調合いたします。
      漢方薬の本来の効果を引き出せるので、高い効果が期待できます。
      熱湯で煎じつめて、煮出したスープ状の薬液を、「煎じ薬」として
      一日数回に分けて、摂取します。
  • 煎じ薬

    • 生薬を粉砕し、粉状にしたものです。
      生薬の味やにおいが強く、多少飲みにくいですが、煎じ薬に近い
      高い効果が期待できます。
  • 煎じ薬

    • 散剤に蜜分などを練り合わせ、丸い粒状にしたものです。
      味が甘く、蜜が抗菌作用があるため長持ちし、比較的飲みやすい形状です。

上人橋薬局について